U

亀石によろしく

オモウ様のところに行きました。

いつものように色々質問に答えてもらったのですが、最近、私としてはモヤモヤしたものを抱えていて、それはエネルギー体の希望している事がイマイチはっきりしない、というものでした。

会話できればまだいいのですが、なんとなくのニュアンスで受けとることのほうが多くて、自分が受け取った内容と相手が伝えたかった事が一致しているのかいないのか、判断する術がないので大部分が推測になるというモヤっとした感じ。

自分がもっと聴ける人間だったらなあ、と最近思うようになったのでした。

そこでオモウ様にその事を伝えてアドバイスをもらいました。

👒👒👒👒

、、、そのついでに、少し前から聴こうと思っていた事も、、、

ー オモウ様は◯◯◯◯◯様だと以前おっしゃっていましたよね?

ー そう

ー どうして私のところに出て来てくれたのですか?私とオモウ様はどんな関係だったのですか?

ー お前は◯◯だった

、、、、。

、、、あらー、前世の何処かでそうだったのかあ~ 、、、だから、、、

私が以前、オモウ様に近しい場所に生きていた人間だったので、ガイドとして出てきてくれたようです。

感慨深いものがあります、、、

ー亀石によろしく

ー はあ?

、、、カメイシ?はて?

どこの亀石かな?

ー オモウ様、亀石というのは日本には沢山あってですね、、、

アレ、、、もういない、、、

あ~、これはインターネットで調べないとわからないわ。

よろしくって、私が会いに行くコト前提って事だよね???

、、、調べました。

本当にネットって便利💖

まあ、今月末※に旅行に行くつもりだったから、そこに組み入れるとしたらあそこの亀石になるかなぁ?

多分、それをわかっていて先におっしゃったのでしょう。

※今月末というのは数年前の夏のことです。

エネルギー体の方は縁(エニシ)があるということを結構重視しているように感じます。他の人の前世を見せていただく時とかも、その人の前世の方が出て来たがらない時とかに、その人に縁があるエネルギー体の方が教えに来てくれたりする事もあります。人型だったり、動物だったり、色々ですが、何故教えてくれるのですか?と聴くと大体の方が「この者と縁があるので来た」と言うことが多いようです。

U

人間になりたい?

体の痛みがあるところを見に行きました。

、、、ううーん。廃屋みたいな雰囲気です。

入り口に立っているけれど、色々得体の知れないものがあって奥が見えません。

取り敢えず浄化して、浄化して、浄化したら、エネルギー体が二体出てきました。

なぜこんな所にいたの?と聞いたら、

「人間になりたかった」

と二人(?)ともが云いました。

、、、人間になりたいの?

なんだか意外です、、、

私は自分を筆頭に、人間が好きでは無かった歴が長いせいでしょうか、エネルギー体が人間になりたいと言うのを聴くといつも何故人間なんかになりたいの?と疑問が湧くんですけれど、エネルギー体の方達は人間、大好きなようです。

あることがあって、私にも人間が愛すべき存在なんだと理解出来た瞬間があり、それから人を好きになることができました。

本当に感謝しています。その話はいずれまた詳しく書きたいと思っています。

ちょっと話しがそれちゃいました。

人間になりたい二体に、人間になりたいなら人間の赤ちゃんに生まれてこないとなれないよ、と伝えたら、そうなの?と少し驚いていました。

二体に上に上がってもらって、さて廃屋をお掃除しようと思ったら、

あれ、もう一体いた、、、のですが、このエネルギー体、繭になってます。

カイコの繭ってありますよね、あんな形で大きさは人間くらいの大きさの繭です。

廃屋の奥の方にひっそりとありました。

これも浄化して綺麗な繭になったところで、あなたも人間になりたかったの?と聞いたら

やっぱり前の二体と同じで、この子も人間になりたかったと云いました。

上に行ってから赤ちゃんで生まれてきてね、と別れた後で、

ハタと気づいたんだけど、

あの繭って、前に宇宙人のウータに聞いた繭になると柱に行けるというあの繭???

来るとこが全然違うのでは?

あ、私が廃屋にしなければ良かったんだろうな、きっと。

今後もこんな状態の所を見つけたらせっせとお掃除しますよ~掃除大好き💖

現実ではやや捨て魔なKです。

今回の件についての私なりの考えですけど、、、

自分の体のメンテナンス、自分へのいたわりの不足が廃屋という形で現れてエネルギー体が間違えて入ってしまったのかな、、、それが痛みや熱に繋がることもあるので自分の為にもエネルギー体の為にも気をつけよう、と思いました。

U

青空

晴れてます☀️
それにしても、、、
暑いですねー😵
昨日、29日に梅雨明けしたそうですが

さっき近くの神社さまに茅の輪くぐりに行って来ました。。。ところが!
茅の輪って横八の字に三回くぐるものだと思っていたら、こちらの神社は横に抜けられない形になっていて、まっすぐくぐるだけの形でした。
茅の輪にも色々あるんですね😊

茅の輪をくぐってご挨拶して神社の鳥居を出る頃には、右半身がスウっと爽やかに軽くなるのを感じました。神様、ありがとうございます!

暑い暑いと言いつつの戻り道、
杏ソフトを食べながら🍦
青い空を見ながら

07EDFFFA-FEC1-4E88-AFEC-51862684F8C6.jpeg

青空を見るたびに地球🌏を意識します。

愛する人たちに感謝を

杏ソフト美味しかったです(^^)

U

松吉さんとおキヨさん

埼玉の子の件で白い道へ行った後に、ご先祖様のところへいきました。

以前行った、尾瀬的なところに行ってみたけれど、、、誰も出てこない。

何か違うかな、こっちじゃないかな?

ということでいつもの川に行ってみます。

どんどん上流に歩いて行くと、前に川で魚を捕っていた松吉さんが、今日もせっせと漁をしていました。

ーこんにちはー、釣れてますか?

と聞いたら、んー、そうでもない。みたいに答えてからこちらに来て、

ー 助けてくれや。

と言いました。

助ける?

、、、何をすればいいの?と聞くと、

ー おっかあを助けてほしい

とのこと。

※おっかあ →松吉さんは奥さんをそう呼んでいたようです

松吉さんについて行くと、和室の部屋の中、敷いた布団の上に、赤茶色の四角い石の塊?のような物が置いてありました。

ーこれは?

ーそれがおっかあだ

、、、これが人? 何故こんな形になったのでしょう?

ともかく、その塊に癒しを送りました。

一回癒しをしたら、石がグルンッ!と広がって人の形っぽくなりました。

おお。人っぽくなった、、、😳

人型には戻ったけれど、意識はないままのようです。

私に出来るのはここまでかな?と思ってここで終了しました。

松吉さんが意識のない奥さんに「おっかあ、おっかあ」と呼びかけていました。

どうして石みたいになっちゃったの?と聞いたら、

「こいつは色々と騙されちまって、、、」

と云っていました。

名前はキヨ。おキヨさん。

後でもう一度、おキヨさんと松吉さんに癒しを送りました。

U

埼玉の子と白蛇さん

このところ、新幹線で埼玉に差し掛かると右の耳だけが急に痒くなる、という症状が何回かあったので、その原因を見にいきたいと思います。

場所的には、高崎方面から埼玉に向かっていって多分、熊谷の少し前?くらいかなぁ?

大宮に着く頃には痒くもなんともなくなるので、熊谷のあたりにいる誰かからの合図だと思うのだけれど。

どこかの神社さんかな、、、宵宮のような感じで、暗い中にロウソクが並んで灯っています。

左のほうに誰かいるようです。

グレーの布を被って背丈を大きく見せているけれど、本体は白くて小さな生き物。

癒しを求めているようなので、送らせてもらいました。

この子だったのですね。

会えたことに感謝します。やさしく白い、小さな生き物さんに。

🌵🌵🌵🌵🌵🌵🌵🌵

埼玉の小さい子に会ってから10日ほど経ったある日、いつものように竹林のオモウ様に会いにいきました。

今日のオモウ様は老女の姿で、穏やかな様子です。

ー オモウ様こんにちは。ご先祖様の癒しはまだ続けたほうがいいですか?

ー まだ続ける。新しい人が出てくるのでその人と話し合うように。

ー はい、わかりました。

ということで、いつもの階段を降りてドアを開け、川のほうに行こうと思ったのだけど、今日は右のほうに真っ白な道が見えて、とっても気になったので先にそっちに行ってみました。

、、、上に上に上にあがっていく。

すごい坂なので歩ききれなくて、道の上を飛んで上がっていきました。

坂というか、もう、、、滝です。絵に描かれた滝の上を飛んでいく感じ。

すると、、、

雲のようなところに、この前の巳さん(白蛇さん)と埼玉の小さい子がいて、お礼に?会いに来てくれていたようでした。

嬉しい再会です。私が来たのを確認した白蛇さんはスルスルと帰って行きました。小さい子(フワフワだけど、何の動物かよくわからないです)は残っていました。

小さい子は元気な様子で、よかったね。と二人で(2個体で)喜びました。

それから、また何か困ったらおいで、と言って別れました。

小さい子は下に降りていきました。またお務めするのかな。頑張ってね。

そうしたら、さらに上から誰か降りてきて、、、、ん?、、、誰?😳と思って見たんですけど、とにかく大きい人で、大きくて足しか見えないので、すみません、お顔を見させて下さい、と言ったら丁度いいサイズになってくれました。

、、、とてもステキなお顔のおじいさんでした。

白い髭がフサッとあり、仙人の持つような杖を持ち、後光が射していたので、ああ、巳さんや小さい子の神様なのかな、、、と。

言葉はなかったけれど、幸せな体験でした。お会いできて光栄です

出てきてくださってありがとうございました。

、、、光の祝福が存在する空間でした。

🌈🌈🌈🌈🌈🌈🌈🌈🌈

U

アカシックレコード

今日は朝から右の人差し指に合図が来て、呼ばれているのかな?と思って見にいくことにしました。

まず、オモウ様に会いにいきました。

いつもの竹林は清々しく、美しいなあ、、、としみじみします。

オモウ様は今日は子供のさまと、ときおり玉になっていました。

玉の時は紫色で、アメジストっぽい感じです。

人の形の時には、髪の毛は薄い紫色で、私の目には、昔のアニメのク◯ーミーマミっていうのあったのだけど、あの女の子みたいに見えます。

着ているのは着物だけど(^_^;)

今日は、またまた人から聞いた「アカシックレコード」というものを見に行ってみようと思いまして、オモウ様に相談してみます。

ー オモウ様、アカシックというのを見にいきたいのですが

ー 練習しなさい

ー はい、わかりました。えっと、どこから見に行ったらいいですか?

ー いつものところから

ー あ、はい。

、、、ということで、練習しに行きまーす😀😀😀

その前に、右手の件を見にいきます。

いつもの階段を下ってドアを開けると、白い砂浜に出ました。

波が静かに打ち寄せています。砂浜の砂は多くて、踏み込んだところが沈む感じです。

夜で、暗いので周りがあまりよく見えません。

誰がいるのかなー? と探したら、白砂の窪みのところに一匹の蛇さんがいました。

白蛇だけど、全部白じゃ無くて、ある部分が少しグレー?になってしまっているみたい。

疲れた様子でグッタリとしています。

あらら、、、辛そうですね、、、

癒しを送ったら、グレーが消えて白い蛇さんになりました。

海の近くにいるからウミヘビ? 、、、違うなぁ、、、でも、山の蛇なら山にいるよね?

と考えていたら、

「海のものでも、山のものでもない」

という声が入ってきました。

ああ、、、そういうことだったのですね

、、、どなたかの御使い様のようでした

その後で、ここは湖だったのだと気がつきました。

砂は白くて深いです。ザックザックという感じ。

やさしくて静かな白い蛇さんです。

少し疲れて、癒されたかったようでした。

私でお役に立てたなら嬉しいです。

現実に戻って

しばし、紅茶で一息ついてから、

さて、アカシックの練習に行こうかーー

と思ったら。

、、、さっきの白蛇さんがチラチラ出てきます。

、、、ごめんなさい、今、アカシックっていうのを見に行くところなの、、、

、、、。

、、、白蛇さんがチラチラ、、、チラチラ、、、

ううーん、気が散るぅーーー

、、、🙄どうしよう、、、まいっか、よし、わかりました😶

アカシックリーディングは一旦やめて、白蛇さんについていきました。

白蛇さんは私がついて来るのを見て、スルスルと前に前にと進んで行き、途中から上に昇り始めると、あたりは明るく、だんだん眩しくなってきました。

その眩しい明かりの中を白蛇さんは上にと、だんだんスピードを増して進んでいき、その早さに私はもう追いつけなくなってしまい、、、結果お見送りしました~👋

さよーならー👋

、、、帰っていったんだね。よかったです。

お礼を伝えにきてくれたのかな?

それにしても最後のほうすごいスピードだったわ。早っっ❗️

、、、ちょっと面白いことに、白蛇さんに追いつけなくなってお見送りしていた時、白蛇さんはどんどん上に上がっていって、最後は雲の横くらいまで到達し、、、ピュっ‼︎って左に曲がって雲の中?か上に入っていったのでした、、、。

はあー、帰れたのよかったね♫

さて、アカシックレコード。

オモウ様に、いつものとこ、と言われたのでいつもの下に降りる階段を下っていったのだけれど、、、、途中でいつもの階段と様子が違うのに気がつきました。

なんというか、壁がカーボン素材っぽい。ちょっと近未来的な感じ?

これは私のイメージが入ってるのかな???

ドアを開けると、、、

デスクがあって、周りには本棚が。

、、、アレ?

私が想像していたのは広~い図書館みたいなものだったのだけれど、、、又はとても素敵な全知全能の人物が出てきて教えてくれる(イケメン希望)、、、とか?

そういった雰囲気はまったくなくて、なんというか、、、狭い自習スペースみたいな?

良く言うと書斎でしょうか?

え、、、本当にここがアカシック?、、、何か間違えたかな?🤔

本はギッシリあります。

デスクの正面は生の(?)宇宙になっていました。???

質問すると、その宇宙が答えてくれます。。。。

📽📽📽📽📽📽📽

、、、色々質問してみたけど、ム、ムズカシイです、これ。

本当に練習しないと出来そうにないです。

なんか疲れました。

ちなみに超個人的嗜好で、アカシックの声はナイトライダーのK.I.T.Tの声で聞いています💖すみません、わかる人にしかわからんと思うけども💦

U

宇宙人???

いつものドアを開けたら、、、

乾いた白っぽい石造りの家が並ぶ村にでました。

誰も住んでいないみたいです。家の中もガランとしています。

人に会わないので上空に上がってみます。

すると、左手の遠くの方に光の柱みたいなものがあるのが見えました。

あれ、、、なんだろう?

そこを目指して飛んでいきます。

近くにいってよく見てみると、光の柱は人工物のようでした。

表面がツルツルしていてとても硬く、上は実際には見えないけれど遥か上まで繋がっているみたいです。

???

この柱の素材は見たことないです、、、なめらかだけど、触ると冷たい。光を反射しているのか、光を発しているのかよくわからないけれどボンヤリと光っています。

面白いので、浮かんだまま周りをグルグルと飛んでみます。

直径は、う~ん、どのくらいだろう、日本の標準的な家が一軒入るくらいといえばいいのか、とにかく結構な大きさです。

地上に降りてみます。

なんだか。。。何だろうこのシーンとした感じ。

静寂という言葉があるけれど、風の音も虫の音も聞こえません。

光の柱の周りには、家が立ち並んでいます。でも誰もいません。

家の壁や回廊みたいな中庭の柱は、さっきの光の柱と同じ素材で出来ていてつるつるすべすべで光っています。

本当に何で出来ているのかしら???

そしてとにかく薄暗いです。太陽も月も出ていないです。

ここは、どこの国なんだろう?

家は日本の作りではありません。

うーんと、、、🤔

私の乏しい知識を総動員させて考えてみて、一番近いのはイタリアのフィレンツェとかの石造りの家並み、というのが一番近い表現かなあ???

石造りっぽいのに触って見るとつるつるすべすべなんです。ボヤ~っと光っています。

しばらく歩いていると、一人の人が、しゃがんで何か作業しているのに出会いました。

桶みたいなところで布か何かを揉んでいるような???

おお、人がいた!(^-^)

すみません、と声を掛けてその人を見たら、なんと、、、その人の肌は、、、青かった、、、❗️

ア、、、アバターの世界じゃーーーー❗️❗️❗️😱😱😱

👽👽👽初めて見てしまいました宇宙人?ですよ、、、うちゅうじん、、、

よくよく見るとその人の肌は青と紺色で、ますますアバター、、、😨

顔はのっぺりしているけれど目、鼻、口、、、人間とほぼ同じく付いています。

???何人?ていうかどこの星の人???

とりあえず名前を聞いて見ました。

ーあなたの名前は?

ーウータ

ーこの星は?

、、、答えてくれないです。

ーあの光の柱は何?

ー 病が治ると光の柱に行けるんだ、あとはマユになった人とかも

????

ー病?マユって繭?、、、それってどういうこと?

ーここは隔離された場所(星)なんだ ←(正確には隔離星なんだ、と言いました)

???

、、、わけがよくわからないけれど、とにかく、この何処かに私がいるはずなので探します。

上空に上がっていそうなところを探すと、、、ん、、、左手のほうの、奥にいるみたいです。そこに直行します。

左手奥の方には植物園みたいなところがありました。この何処かにいる感じです。

んー、どこだろう、、、と奥に歩いて行くと、隅っこのところにしゃがみ込んで草を摘んでいる人がいました。

あ、、、この人だ。と思い、こんにちは、と声をかけます。

振り向いたその人も肌は青くて髪や目も紺色というか、紫と紺が入り混じって暗い色になっているみたいな色彩を持っている人でした。

ー何をしていたの?

ー薬草を摘んでいました

やっぱり~(^-^)、、、

なんだか、前世を見にいくと、ちょこちょこと薬草というキーワードが出てくるのは何故でしょうか??

ー あなたは病気なの?

ー うん、私たちは死なない病気になってしまった

?????死なないのが病気??

何かよくわからないけれど、死にまつわる病の人たちがここにいるらしい。

違う星の人だった、、、、

????

現実に戻ってきましたが、、、

ちょっとこれはどうなんだろう?

?前世か?妄想か?

今回はワケわからないです。

ともかく、

ウータと前世の私?に癒しを送らせてもらいました。