U

4kを見てしまったハナシ

みなさんこんにちは。
前世を知って人生をより輝かせましょう
前世ヒーラー むぅ ☆です😊

前世やご先祖様やガイドさんの話を書いているむぅですが、意外に?幽霊を見ることはありません。

私はいつも、瞑想で前世やエネルギー体や色々な何か?に逢いに行っています。
そこは、意識が無限の広がりを持つ世界です。

ですが、現実の世界でそういった存在(物体ではないもの)を見たことがあるのは数回のみです。

しかも、見たのは幽霊じゃなくて、、、守護霊様?だったのか、何だったのか、、、そこのところが今だに解決していない不思議体験がありまして。

今日はそんな、いまでも忘れられない話の一つ
をご紹介したいと思います。

🥁🥁🥁🥁🥁🥁🥁

その日、私達夫婦はドライブをしていました。

バンドルを握っているのは私です。車を運転するのが好きなので、長距離の時以外は大抵私が運転席を独占しています。

地元の近くに、昔から不思議話が溢れている山がありまして、私も主人も昔から知ってはいたけれど、そういえば一度も行ったことがないね、という話になり、じゃあ行ってみようか、山頂まで車で行けるみたいだし、、、ということで出かけたのです。

幽霊話とかが大嫌いな主人は、え〜あんまり行きたくないと言ってましたが、そこは私の強引な推薦で、、、☺️

その日は秋晴れのいいお天気でした。

実際、不思議話があるといっても、行くのは昼間だし何のことはない山頂の神社だったかお寺だったかにお詣りして帰ってくるだけだよね。
と二人とも思っていたんです。その山の入り口に入るまでは、、、。 ←お決まりのパターン?笑

「◯◯山入り口」という看板を見て「あ、ここからだよ」とかいいながら車のまま山道を私達は進んでいきました。

最初の数百メートル程は明るい道でしたが、途中から急に山深い感じになり、木々が鬱蒼としていて太陽の光が届かない、やけに暗〜い道に。

しかも道路が舗装では無くなりました。この時点でドライブを楽しむ感がやや薄れてきていました。

その後も道は段々狭くなっていき、ついに車一台がやっと通れる幅になってしまいました。こうなると対向車がきてももう行き違いはできません。

細い道を私達の車は上へと登っていきました。

結構走って来たにもかかわらず、走っている車も、歩いている人も全く居らず、ここら辺で

「あれ?空気がおかしいな」

とかチラッと思ったのですが、まあ不思議な山の中だしこんな感じ?と思いつつさらに暫く行くと、その狭い道が山側から滲み出てくる水を含んでドロドロになっている箇所があり、あれあれ、なんか変な雰囲気、、、。

嫌な予感を感じつつも、さらに先へ行くと今度は、ただでさえ狭い道が半分崩れたようになっている場所が出てきて、その部分は本当にほんとうに、一台がギリです。

下手したら崖下へ落ちそうです。

この崩れた部分に来てハッキリと「これは(ここに来たの)ヤバイかも」とヒヤリとした心地だったのですが、ここで帰ってもなあ、、、それにどこかUターンできる場所まで行かないと逆方向へ帰ることもできないし、ええい、もう行くしかない。
と半分以上強がりで上へと向かって車を走らせました。

主人はもうだいぶ前から無言😑状態です。修行僧のような顔になってます。
普段から私より霊感あるかも?と私は密かに思ってるんですが、主人はそういう存在を感知したくない人なんです。

お遊びで来たはずなのに妙〜にシリアスな雰囲気の漂う車内のまま車はドンドン進んでいきました。

しばらくして、急に木々が無くなり、畑が現れました。道も舗装になって、良かった〜と私は安心しました。
道がカーブしている所でUターンもできそうでしたが、明るいところに来たので戻る必要も感じなくなったし、だいぶ車を走らせたからそろそろ山頂も近いよね、と車もスピードアップ、と思った矢先に、主人が山道に入って初めて言葉を発したんです。

「もうこれ以上は行ったらダメ〜!!!」

「はあ〜?なんでよ?もうちょいじゃん」

「もう戻ろう!早く!」

「え〜?ヤダよここまで来てるのにー」

といいながら私が急カーブを曲がってその先を見た瞬間でした、、、、

🤡🤡🤡🤡🤡🤡🤡🤡

「!」

、、、見てしまったんです(΄◉◞౪◟◉`)、、、

少し先の次のカーブの手前、やや道の右に寄った場所で

白い着物に長い黒髪、髪は長いけど女性じゃない(男性でもない)誰かが左手を前に突き出して、

「来るな」

と表現しているのを。

表現というのも変な言い方ですが、瞬間の映像だったので、表現というのが一番当てはまるかなぁ〜と(~_~;)

特筆すべきはその映像の鮮やかなこと。

その当時はテレビは液晶じゃ無くてブラウン管の時代だったんですけれど、私が視たのは今で言う4Kの鮮明過ぎる映像でした。落ち葉が舞い上がってその人の周りに風が渦を巻いていたのが見えて、、、

カッコイイ〜〜 、、、ゴホゴホッ💦すみません不謹慎な人間で🙇‍♀️

言葉は無かったのですけれど、「来るな」なんだろうなぁ、、、たぶん。

主人も「あっ!」て言ってたので視たはずです。

もちろん、その場でUターンして速攻帰りました。

、、、でも後で家に戻ってから「ねえ、私たち、見ちゃったよね?」

と聞いたら

「は?俺は何も見てないけど?」

と何故か見てないフリ。

???なんでよ?
と思ったけど、そういうことにしたいならばまあそれでもいいか。

、、、。

鮮明な映像ですけれど顔はと言われれば、たなびく髪で隠れてよく見えませんでした。

あんな、姿を見せて止める程のことだったのかぁ、、、早く気がつかなくて悪いことしちゃったなぁ、結構力使わせちゃったんじゃないのかしら、ごめんなさい、、、と当時は反省したものでした。

誰かわからないけれど、
出てきたことで相当に消耗させてしまったと思います、その節は本当にごめんなさいm(_ _)m

さてさて、後日談ですが、地図で4Kに遭遇したあたりを見たら、ちょうど次のカーブを曲がれば中腹の神社があったようです。そこの方かな?それとも私か主人の守護霊様だったのかな?

中腹にも行ってなかったとは驚きです。
相当車を走らせた記憶があるんですけども、、、(;゜0゜)
そんな高い山じゃないし、、、。

遊び半分で来るんじゃない、ということでしょうね。
、、、また怒られちゃったなぁ、という話でした。

ご迷惑かけた方々、m(_ _)mすみません

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中